表現の危険分子(どうしようもない編)

師匠は飼い鳥の絵を流すとき、必ず焼き鳥を喰らうという。

(´・ω・`)「・・・」

自分の飼っている鳥のとなりで焼き鳥を喰う。

(´・_・`)「・・・」

 

…ソシ〇パス?

果たして、これが子供の教育にいいのか悪いのか?わからない。

表現の自由ですら、いまは暴力じみてきているから、なんでもありな時代なんだけど・・・たぶん、動物愛護団体が見たら苦情が殺到するに違いない。

 

ソシ〇パスとは反社会(非社会)的なことを、サラッとやってのける人格障害のことを指す。

ソシオイド。

サイコパスとの違いは社会性のなさに繋がるが、どこかドジっ子な部分がある。

サイコパスは知能犯なところを持つ。

 

なお、スキゾイドとは性格の1種なはずだが、いまは「障害」の部類に入っているという悲しい事態だ。

ある性格についてネガティブなことを持ち上げるイヤな風潮だ。

旧:分裂病気質(分裂病の前駆体と言われたが今は違うとされる)。

 

さて、飼い鳥の前で焼き鳥を喰う。

これだけでも、ホットな…いや、アチチな話題になりそうだ。

不謹慎だけど、笑うに笑えない、いや笑えるけど、笑えない。

 

しかし、一般人(≒善良な市民)ですら、牧場の真ん前でステーキを喰らうのだから、五十歩百歩だ。

なかには、鉄板がすでに牛の姿をしたものがあるのだから、師匠とやっていることは変わらないんじゃないか?

 

私の不気味心理学で解釈すれば、鳥の前で鳥を喰うとは、どこか愛情表現にも思えなくない。

飼い鳥の愛ゆえ、喰ってしまいたい…だけど、それができないから、焼き鳥なのだ。

要は代償こういうだ。

曲りなりにも愛がある。

 

たとえば、私なども神霊をたとえるときコレ使う。
f:id:southapollon:20210211005205j:imageお迎えっぽいでしょ?

これを死にそうな人の前でやるか?といえば、私はやらない。

なら、死にそうな鳥の前でやるか?

いや、やらない。

 

やるのが師匠だ。

それを、やってしまう。

一線を超えてしまう。

 

繰り返すが、いいも悪いもない。

ヘイトスピーチですら、許される時代だ。

常識が分からない時代でもある。

一体、なにがいいのか悪いのかも言いにくい風潮にある。

 

ひとつ、文句をいえば…コチラは立つがアチラは立たないなんていくらでもある。

冗談ですらそうだ。

冗談のつもりがある種の人々を深く傷つけ、損なうこともあろう。

だから、常識というか、バランス感覚なのだが。

ていど、加減、塩梅のようなもの。